読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(『ソードアート・オンライン』、他)

■『ソードアート・オンライン』:アニメ2期発表 2014年に放送(まんたんWEB)
2012年の末にテレビシリーズが好評のうちに終了。以来、沈黙を守り続けていた『ソードアート・オンライン』が、2013年の大晦日に2時間特番を放送。それも総集編+新作エピソード(見所は水着話)という、ファンのみならずビギナーにも嬉しい内容だった。
そして放送直後には、「Activated」こと新作決定の告知。大方の予想通りだけど、一年の最後の最後で嬉しいニュースだ。



■『るろうに剣心』:藤原竜也演じる“最大の敵”志々雄のビジュアル公開(まんたんWEB)
今回実写化される京都編は全身包帯な志々雄を筆頭に、「十本刀」もパンチの効いたビジュアルだらけ。そんなキャラ達が全員実写化されるという時点で驚きだし、製作者側の「本気度」が伺える。
個人的には、昨今の「巨人ブーム」を先取りしていた(←こじ付け)不二がどう実写化されるか楽しみ。
るろうに剣心ー特筆版ー 上巻 (ジャンプコミックス)

るろうに剣心ー特筆版ー 上巻 (ジャンプコミックス)



■『進撃の巨人』:2014年もブームは続く? リンホラ、リヴァイ兵長…止まらない快進撃の理由(まんたんWEB)
2013年は『進撃の巨人』の年だった。後年、こう語れるのは確実だ。
アニメ化されても大ヒット。そして主題歌を歌うLinked Horizonも『紅白歌合戦』に出場して、そのステージでは作品自体も大々的にフィーチャーされる。もはや「国民的作品」と呼んでもいい程だ。
原作漫画の方も、「本編」に加えて、人気のサブキャラ・リヴァイ兵長を主人公にした「スピンオフ物」に、70年前を描いた「エピソード・ゼロ物」と、派生作品も次々と生み出されている。
アニメは未完結で終わってしまい、続編は当分期待できそうも無さそうだけど。この調子で人気を維持したまま原作漫画が完結したら、アニメの方も「完結編」が期待できそう。
自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)

自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスKC)

進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスKC)