読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(ゆいかおり、他)

■4月9日(水)リリースのゆいかおりニューシングル「LUCKY DUCKY!!」よりMVメイキング映像が一部公開。ラジオ『ゆいかおりの実♪』地上波進出も決定(moca)

また、文化放送 超A&G+にて放送されているラジオ『ゆいかおりの実♪デジタル』がリニューアル&パワーアップし、2014年4月6日(日)より文化放送の地上波にて『ゆいかおりの実♪』としてスタートすることが決まった。

ネット放送の「超A&G+」の番組が地上波AMに進出なんて珍しいパターンだけど、これも「ゆいかおり人気」の成せる技なのか。
小倉唯さんも石原夏織さんも、ここの声優活動に加えてユニット活動も絶好調だなぁ。



■『ああっ女神さまっ』:藤島康介の長寿マンガ 四半世紀の連載に幕(まんたんWEB)

ああっ女神さまっ』は、1988年に「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載を開始。ツキのない平凡な大学生の森里螢一は、一つだけ何でもかなえられる願いについて女神「ベルダンディー」がずっと側にいることを望み、願いがかない不思議な同居生活が始まる……というラブコメディー。2005年にはTBSなどでテレビアニメも放送された。

僕はOAVで『女神さまっ』を知った新参者…と言いたいところだけど、OAV化も1993年だから20年前になるのか(驚愕)。
その後もアニメは劇場版・TVシリーズを経て、近年は単行本付属のOAD(V=ビデオでなくD=DVDな点で時代を痛感)が製作されていたけど、こちらも完結するのかな。
いっそ連載完結記念として、もう一度最初からのアニメ化を期待してしまう。



■『魔都紅色幽撃隊』冷静沈着なイケメン同級生・支我正宗を演じる、声優の沢城千春さんにインタビュー(ファミ通.com)

じつは、声優を目指すと決めたとき、マウスプロモーションの方に「お姉さんにも、養成所に通うことを伝えてくださいね」と言われたんですが、なかなか伝えられなくて。1日過ぎて、2日過ぎて、1週間過ぎたあたりで、お姉ちゃんから電話がかかってきて。で、ピッと出たら、無言なんですね(笑)。「もしもし……」って言ったら、「私に言うことあるよね?」って。それでやっと伝えたら、1時間ぐらい説教されてしまいました。姉も、自分が「声優をやりたい」と言うならサポートしよう、と思ってくれていたようでして、最終的には「がんばりなさい」と言ってくれました。

沢城みゆきさんの圧倒的な「お姉さん力」に、ひれ伏さずにはいられない。こんなドS系お姉ちゃんに沈黙からの一時間説教を経て激励の言葉という強烈コンボを食らいたいボンクラ弟クンは俺だけではないはず
沢城みゆきさんと言えば、僕はデビュー作の『デ・ジ・キャラット』のぷち子役から知ってるワケさ。初仕事である文化放送のラジオ『でじこのへや』が1999年放送だから、もう15年前になるのか。
当時のみゆきさんは中学生で、ハガキ(メールじゃない点が時代を痛感)を紹介する時に読めない漢字があると、共演者である真田アサミさんや氷上恭子さんにフォローしてもらってたっけ。
そんな末っ子ポジションだったみゆきさんも、今では大人ヒロインの代表格である峰不二子を演じるまでになった。デビュー当時から知ってる身としては「すっかり大きくなっちゃって」と、我が子の成長を喜ぶ親の気分だ(←思いあがり)。
それに加えて弟さんも声優デビュー(元々、舞台で活躍していたけど)となれば、それこそ「子供2人の成長を喜ぶ気分」だ(←更なる思いあがり)。



■『監督不行届』:庵野夫妻の日常がフラッシュアニメ化 山寺宏一&林原めぐみ起用(まんたんWEB)

メインキャストに起用された山寺さんと林原さんは庵野監督の代表作「新世紀エヴァンゲリオン」でも共演。カントクくん役の山寺さんは「今までの声優人生で一番意外なオファーでした。本人がやればいいのにと思ったけど、庵野さんからご指名を受けたので喜んでやらさせていただきました」とコメント。ロンパース役の林原さんは「庵野さんご夫婦の日常は、生活そのものがエンターテインメント。それを書籍だけでなく、いろいろな形で広がっていくのが楽しみです」と期待を寄せている。

アニメ化自体がネタとも言えるのに(失礼)、キャストが山寺さん&林原さんというガチ中のガチでやんの。
山寺&林原コンビの共演で思い浮かべる作品によって、その人の年齢およびオタクぶりが伺えたりする。有名どころでは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ(加持&レイ)に『カウボーイビバップ 』(スパイク&フェイ)。マンガ好きなら『らんま1/2』(良牙&女乱馬)。20数年来のオタクなら、2人とも駆け出しだった頃の『魔神英雄伝ワタル』(クラマ&ヒミコ)に『天空戦記シュラト』(リョウマ&レンゲ)……スラスラと作品名およびキャラ名が出て来る僕も、かなりのオタクだな。
折角なのでこぼれ話を書く。今ではビッグネームになった山寺さん&林原さんだけど、例外に漏れず下積み時代があった。80年代終盤のアニメを見てみると、お2人がモブや端役で出演する作品も結構あったりする。山寺さんなら『シティハンター』、林原さんなら『めぞん一刻』を観ると、番組レギュラーとして毎回何かしらの役で出演しているぞ。
そんな2人はいつもスタジオにいる(=色々な作品にメイン・端役を問わず出演している)ことから、「座敷わらし声優」と呼ばれていたとかいないとか。

監督不行届 (Feelコミックス)

監督不行届 (Feelコミックス)

魔神英雄伝ワタル Blu-ray BOX

魔神英雄伝ワタル Blu-ray BOX

TVシリーズ「らんま1/2」Blu-ray BOX (1)

TVシリーズ「らんま1/2」Blu-ray BOX (1)

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)



■アイドルアニメ:『アイカツ!』『ラブライブ!』…ヒット作が続く理由(まんたんWEB)

 成否を分ける要因の一つは、緊密なメディアミックスの連携の有無だ。「プリティーリズム」シリーズや「アイカツ!」は業務用ゲームが“原作“だが、新アイドルや楽曲の投入はタイミングが細やかに調整されている。主なターゲットの女児にとって、ひいきのアイドルになりきりことができるのは、この種のゲームにとって生命線だ。
 また「ラブライブ!」は、雑誌企画や声優ユニットによるライブ展開がアニメ放送よりも2年以上も先行していた。現実のアイドルにも下積み期間があるように、「いきなりアニメでデビュー」では、グループアイドルの顔を見分けてもらうことさえ難しい。

女の子にはオモチャを売り、大きなお友達にはCDやDVDを売る。それが現在最も人気があり儲かるジャンルであるアイドルアニメというお話。
それにしても、アイドルアニメの「最初の成功例」として『アイドル伝説えり子』を紹介するあたり、この記事は素晴らし過ぎる。

プリティーリズム・レインボーライブ DVD BOX-1

プリティーリズム・レインボーライブ DVD BOX-1

劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]

劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]



■『サイコパス』:10月に新シリーズ、12月に劇場版 本広克行の刑事アニメ(まんたんWEB)

大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」の本広克行さんが総監督を務めたテレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の新シリーズが10月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送され、劇場版アニメが今冬に公開されることが21日、分かった。劇場版は完全新作となる。また、7月にノイタミナでテレビアニメ第1期に新カットを加えて編集した“新編集版”が放送されることも発表された。

テレビリシーズの終了が去年の3月だから、ちょうど1年前になるのか。
続編決定の第一報から沈黙を守っていた『PSYCHO-PASS』が、ここへきて一気に情報解禁。それも1期総集編⇒新作テレビシリーズ⇒劇場版という怒涛の作品ラッシュには驚き。
2014年は『PSYCHO-PASS』の年になりそう。

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

PSYCHO-PASS Complete Original Soundtrack

PSYCHO-PASS Complete Original Soundtrack

PSYCHO‐PASS サイコパス OFFICIAL PROFILING

PSYCHO‐PASS サイコパス OFFICIAL PROFILING