読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(『selector infected WIXOSS』、他)

■3回負けても大丈夫? TVアニメも話題の『WIXOSS』のルールを女子高生に教わってみた(ダ・ヴィンチNEWS)

ここでまだ『selector infected WIXOSS』を観ていない人のためにご紹介。この作品はWIXOSSというタカラトミートレーディングカードゲームを扱ったTVアニメ。作中では女子中高生の間でこのカードゲームが流行っており、勝利し続けると願いが叶うという噂があります。そしてあることをきっかけにWIXOSSを始めた主人公のるう子やその友人たちが、このカードバトルに巻き込まれていくというお話です。

上記の説明を読んで「ボクと契約して、カードバトルをしてよ!」なアニメだと思ったアナタ、まだまだ甘い。
何しろ「願いを叶えるシステム」についてネット界隈では「キュウべえの方が、まだ良心的」という声もある程だから。
そんな『WIXOSS』は最近流行りのカードバトルアニメなんだけど、土日の朝にキッズ向けアニメとして放送されている『ヴァンガード』や『バトルスピリッツ』とは違い、いわゆる深夜アニメとして放送されている。
一昔前のロボットアニメが辿ったように、カードバトルアニメも「30分の玩具CM」から「マニア向けのドラマ」へと変化して行くのだろうか。

killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (初回限定盤)

killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (初回限定盤)

killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (通常盤)

killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (通常盤)



■『ラブライブ!』Pile&飯田里穂が放課後ユニット結成(ナタリー)

ユニット名の「4to6」は、学校の授業が終わってから帰宅するまでの時間を表したもので、「4時から6時までの放課後活動」というコンセプトがその由来。デビュー曲「私の時計は逆回転!」はそのコンセプト通り、門限間際の切ない恋心をアップテンポなビートに乗せて歌ったナンバーだ。歌詞は『ラブライブ!』の楽曲を手がける畑亜貴によるもので、サウンドも『ラブライブ!』プロデュースチーム完全監修のもと制作される。

Pileさんと飯田さんと言えば、目下大ヒット中の『ラブライブ!』で西木野真姫星空凛を演じていることでもお馴染み。そして今回のユニットも『ラブライブ!』チームの「完全監修」ということで、事実上『ラブライブ!』のスピンオフユニットになるのか。
時に、Pileさんも飯田さんもモデルが本業で、声優の仕事は『ラブライブ!』だけみたいだけど。声優として色々なアニメに出演して欲しいな。



■沢城みゆき : 峰不二子役の人気声優がバースデー婚(まんたんWEB)

アニメ「ルパン三世」の峰不二子役などで知られる人気声優の沢城みゆきさんが自身の誕生日でもある2日に一般男性と結婚したことが明らかになった。「声優として変わらぬ精進と、奥さんとして新たに精進していけたらと思っています」とコメントしている。

デ・ジ・キャラット』のぷちこ役で、否、ラジオ『でじこのへや』のパーソナリティとしてデビューした時(当時14歳)から知っている身としては「親代わりになって育てて来た愛娘が嫁ぐ気分」としか言いようが無い(←身の程知らず)。
一昔前だったら「自分と同い年の声優さん」がデビューしただけで驚きだったのに、今や年下どころか"ピーッ!"な新人さんがデビューするようになり。同世代、否、それより年下な声優さんは次々と「ご報告」をしているのだから、時の流れは速いもんだ。

LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]

LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]



■『ごちうさ』『桜Trick』 きらら編集長に聞く“日常系”の人気の秘密とは?(ダ・ヴィンチNEWS)

さらに、現在放送中の『ご注文はうさぎですか?』の魅力をおしえていただいた。
「コミックスの帯に『すべてがかわいい』と書いてありますが、そのとおりです。
一見西洋風な世界なのに、和服を着た女の子も登場している。それなのに、画面にハレーションを起こさない。それはKoi先生の美学が作品世界の隅々まで徹底されている故です。
またマスターやティッピーという異質な存在もあります。これらのキャラが入るからこそ、女の子たちの魅力がより際立って見えるんです」

■続・『けいおん!』『きんモザ』きらら編集長に聞く“日常系”の人気の秘密とは?(ダ・ヴィンチNEWS)

近年、毎クールごとにアニメ化されている“日常系”作品だが、初めからアニメありきではないという。
「マンガはアニメの材料ではありません。小手先のアニメ化を狙うような作品は面白くないと思います。
でも『けいおん!』は、京アニさんの力で作品の魅力が膨らみました。かきふらい先生の作風が京アニさんの作風にマッチしたうえに、丁寧に描いていただいたため、キャラの魅力が更に広がりました。
いいマンガは、いいアニメになってほしいと心から願っています」

今やアニメにおける主要ジャンルになった「日常モノ」。その原動力として多くの作品を送り出してきた『まんがタイムきらら』編集長への前後編インタビュー。
前編のインタビューでは各作品を支える「魅力的な世界観」について、後編ではアニメとの相乗効果について語る。それこそ一括りに、それも侮蔑的なニュアンスも少なからず含んでいる「日常系」という言葉で表現できない程、その作品も個性的だ。
あと、同じ『きらら』系ということで、何故か『巴マミの平凡な日常』も紹介されているのが笑える。

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)

桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)

桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)

きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)

きんいろモザイク (1) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)