読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(『のんのんびより』、他)

■【のんのんびより】監督&プロデューサーインタビュー【エクストラ 2なのん】(ダ・ヴィンチNEWS)

――7月23日に発売される原作に付属するOADについて伺います。オリジナルで沖縄編の前日談の話だそうですが、これはどうやって決まりましたか?

吉沼:アニメ2期が決まりそうだったので、原作を消化したくなかった。それでオリジナルになりました。

川面:シリーズ構成の吉田さんが「オリジナルを作りたい」と言っていたのは覚えています。あと、僕自身は「マンガに付くおまけはどうあるべきか」ということで悩んでいました。買った人がアニメを観ているか観ていないか、DVDを持っているか持っていないか……そういったことを考えていると、アニメ本編の続きというのは違うな、と。あと、原作7巻が1冊丸ごと沖縄編であることを考え、そこに関連している話のほうが収まりがいいと考えていました。

田舎を舞台にした日常系コメディアニメ『のんのんびより』のスタッフインタビュー2回目。
アニメ2期に先んじて作られることになったOAD「沖縄編(前日談)」について。アニメ1期の続編ではなく、あくまでも「マンガに付くおまけ」として作られたという。
この後に原作漫画で描かれるであろう「沖縄編」が、アニメ2期で描かれることに期待。

TVアニメ のんのんびより公式ファンブック~旭丘分校だより~

TVアニメ のんのんびより公式ファンブック~旭丘分校だより~

のんのん日和

のんのん日和

TVアニメ のんのんびより オリジナルサウンドトラック

TVアニメ のんのんびより オリジナルサウンドトラック



■佐倉綾音・水瀬いのり・種田梨沙・徳井青空・村川梨衣らが出演。TVアニメ『ご注文はうさぎですか?』オールナイト一挙上映イベント「ご注文は一挙上映ですか?」レポート(moca)

トークショーでは、アフレコでの思い出話やアニメで印象に残っていること、全羽一挙上映での隠れ注目ポイントなどが話題に。さらに、ラジオでチマメ隊がやっていた「ぽっぴん相談室」のイベント版も行われた。「12羽を寝ないで見るためにはどうしたらいいですか?」という質問には、佐倉さんと種田さんが「隣の人が、“お兄ちゃんのねぼすけ”と言って起こしてあげる」というパーフェクトな解答を提示。そうなると当然、本物を聞きたくなるということで、チノが最終羽のあのセリフ「お姉ちゃんのねぼすけ」を佐倉さんの耳元で披露してくれた。

先頃放送が終了して、各所にて「ごちうさ難民」が続出しているという『ご注文はうさぎですか?』についての記事。
オールナイト一挙上映と出演声優陣によるトークショーでは大盛況だったらしい。しかも水瀬いのりさんがチノの至高の名台詞「お姉ちゃんのねぼすけ」を囁いてくれたとは、参加者が羨ましすぎる。
この人気ぶりだと、遠からずアニメ2期もありそう。

Daydream cafe(初回限定盤)TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)オープニングテーマ

Daydream cafe(初回限定盤)TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)オープニングテーマ

ぽっぴんジャンプ♪ TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)EDテーマ

ぽっぴんジャンプ♪ TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)EDテーマ

TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)キャラクターソング1

TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)キャラクターソング1

TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)キャラクターソング2

TVアニメ(ご注文はうさぎですか?)キャラクターソング2

ラジオCD「ご注文はラジオですか?」Vol.1

ラジオCD「ご注文はラジオですか?」Vol.1

ラジオCD「ご注文はラジオですか?」Vol.2

ラジオCD「ご注文はラジオですか?」Vol.2



■『ガンダムビルドファイターズ』:新シリーズ『トライ』10月放送 舞台は7年後(まんたんWEB)

「トライ」はセイとレイジが第7回ガンプラバトル選手権世界大会で優勝してから7年後、選手権の試合形式やルールが一新された世界が舞台。セイがかつて在籍していた聖鳳学園のガンプラバトル部の部長のホシノ・フミナが、転入生のカミキ・セカイ、若きガンプラビルダー、コウサカ・ユウマとともに、3人1 チームで戦う全日本ガンプラバトル選手権・中高生の部に出場する……というストーリー。セカイはビルドバーニングガンダム、ユウマはライトニングガンダム、フミナはウイニングガンダムを使用する。

こちらは秋新番の話題。「30分のガンプラCM(←至上の褒め言葉)」こと『ガンダムビルドファイターズ』の2作目について。
1作目から7年後が舞台で、メインキャラが一新」というのは、ガンダムシリーズ2作目の『機動戦士Zガンダム』と全く同じコンセプト。「本家」であるガンダムシリーズと同じく、2作目をスプリングボードにして「ビルドファイターズ」も長寿シリーズとなるか。



■『マクロス』:河森監督が「プラス」「7」を語る 気になる新作は…(まんたんWEB)

 ◇気になる新作は…

 「マクロス」シリーズは新作の制作も発表されており、河森監督は現況を「企画段階だが、実行にかかりつつある」と明かす。今後の「マクロス」シリーズの展開に期待したい。

WOWOWにて『マクロス7』と『マクロスプラス』が一挙放送されるということで、河森正治監督のインタビュー。両作品とも「誕生20周年」になるというから、時の速さには驚きだ。個人的には「マクロスシリーズでは比較的最近の作品」だと思っていたので。
そして気になるシリーズ最新作の話題。以前に『マクロスF』の再放送で第一報が流れたきり続報が絶えて久しかったけど。「実行にかかりつつある」という河森監督の言葉を信じて待つとしよう。