読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的経済特区(『楽園追放』『魔法少女リリカルなのは StrikerS』『CLANNAD』、他)

■[Blu-ray]『楽園追放 Expelled from Paradise』

監督:水島精二&脚本:虚淵玄という強力コンビによるフルCGアニメ。劇場公開の興奮も冷めやらぬ中、早くもBlu-ray/DVDがリリース。
話題性は言うに及ばず、SFに美少女にメカというファン受けする要素のイッキ乗せだから、単発作品で終わらせるのは勿体無い。更なる展開を期待。


■[Blu-ray]『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow vol.1 サン・トロンの雷鳴』
2008年のテレビシリーズ1期から6年、息の長い作品となった『ストライクウィッチーズ』。新展開としてサブキャラにスポットを当てたOAVがスタート。
その1作目は野川さくらさん演じるエーリカ&ウルスラの「ハルトマン姉妹」が大活躍。
野川さんは体調不良で長期活動休止していたけど、本作で復帰。


■[Blu-ray]『魔法少女リリカルなのは StrikerS』Blu-ray BOX
3ヶ月連続でリリースされていた『魔法少女リリカルなのは』シリーズのBlu-rayBOXも、2007年放送の『StrikerS』でついに完結。
本作では主人公・高町なのはが「19歳の職業軍人」という、……正直、魔法少女を名乗るには二重の意味で無理があるんじゃね?という設定で、内容的にもリアルな軍隊ものを感じさせる所もチラホラ。行き着く所まで行ってしまった感があるからこそ、この後は『THE MOVIE』シリーズとして過去のテレビシリーズを劇場版としてリメイクする展開になったんだろうなぁ。つーか、劇場版3作目の『Reflection』は続報が絶えて久しいんだけど、頓挫してしまったんだろうか。
なお、テレビアニメとして放送予定の『魔法少女リリカルなのはVivid』の主人公・高町ヴィヴィオも『StrikerS』で初登場。なのはママと「熱き親子の絆」を(拳を通して)育んで行く過程は必見。


■[Blu-ray]『CLANNAD』コンパクト・コレクション Blu-ray
AIR』『Kanon』に続く、京アニによるKey作品のアニメ化。
ネット界隈で「CLANNAD』は人生」とまで言われているのは何故か。その答えがここに有る!……いや、むしろこの後の『AFTER STORY』の方にこそあるんだけど。


■[CD]『courage』(戸松遥
courage(初回生産限定盤)(DVD付)

courage(初回生産限定盤)(DVD付)

戸松遥さんの新曲は、自身がヒロイン・アスナを演じる『ソードアート・オンライン2』の新OP。
『2』のアスナは出番が少なくて、新ヒロインのシノンの陰に隠れ気味だったけど。OPが変わるのに合わせて大活躍。まさに「キリトの正妻は私よ!」と言わんばかりだ。


■[CD]『閻魔大王に訊いてごらん』(上坂すみれ
新曲ごとに様々なイカレっぷり個性を見せてくれる上坂すみれさんの新曲。
今回は『鬼灯の冷徹』新作OADのED曲ということで、タイトルに「閻魔大王」と入ってるのは強烈。


■[CD]『上坂すみれpresents 80年代アイドル歌謡決定盤』(上坂すみれ
上坂すみれpresents 80年代アイドル歌謡決定盤

上坂すみれpresents 80年代アイドル歌謡決定盤

こちらも上坂すみれさんの新譜……というよりも80年代アイドル歌謡曲のセレクション。
しかし上坂さんによる選曲ということで、マニアックな曲が続出。アニメファン的に馴染みの有るのは、『らんま1/2』の主題歌「リトル☆デイト」に、『うる星やつら ビューティフルドリーマー』の主題歌「愛はブーメラン」、そして『機動戦士Zガンダム』の主題歌「水の星へ愛をこめて」あたりかな。
上坂さん自身によるカバー曲も、工藤静香さんによる「MUGO・ん」というアイドル色の強いチョイスになってるのも特徴。