読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(『がっこうぐらし!』、『戦姫絶唱シンフォギアGX』、『シャーロット』、『マクロスΔ』、他)

■TVアニメ『がっこうぐらし!』より、最終話アフレコインタビューとBlu-ray&DVD第1巻発売記念動画が公開(moca)

──いよいよアフレコも最終回を迎えました。まずは率直な今の心境から伺えますか?
水瀬:なんですかね、自分のなかで『がっこうぐらし!』という作品が、こんなに大きなものになっていたんだな……と、最終話の収録を迎えて思いました。3ヶ月という短い期間ではあったんですが、オープニング主題歌でユニットをやらせていただいたり、なんというか、この学園生活部の4人が集まったときの――女の子たちのふわっとした感覚がすごく心地よくて。ゆきという役を演じ終えたこともそうなんですが、このメンバーでのアフレコが終わってしまったということが、なにより寂しいなと思います。
記事全文

TVアニメ「がっこうぐらし!」キャラクターソング(2) 恵飛須沢胡桃(CV.小澤亜李)&若狭悠里(CV.M・A・O)/HERO

TVアニメ「がっこうぐらし!」キャラクターソング(2) 恵飛須沢胡桃(CV.小澤亜李)&若狭悠里(CV.M・A・O)/HERO

夏アニメにおける最大の話題作だった『がっこうぐらし!』より、最終回のアフレコインタビュー。学園生活部を演じる4人がそれぞれ「寂しい」とか「また演じたい」と、充実感に満ちたコメントをしてる。
アニメの方は学園物の定番である「そつぎょう」で幕を閉じたけど、学園生活部の人生はまだまだ続く。原作漫画では大学に「進学」した様子が描かれているし、これからリリースされるBlu-ray&DVDの売上次第ではアニメ2期の可能性もありそう。


■サプライズゲストの高垣彩陽と共に『戦姫絶唱シンフォギアGX』劇中歌を熱唱。水樹奈々ライブツアー「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015」ファイナル公演レポート(moca)

そして次の大きな驚きは、とある企画を全公演通して行っていた9曲目に起こった。それは、「LIVE ADVENTURE」それぞれのアルファベット頭文字から始まる楽曲を各公演で披露し、全て揃ったファイナル公演で封印が解け、何かが起こるというもの。「封印解放!」という会場からの掛け声と共にステージ2階の扉から現れたのは高垣彩陽さん。2人が共演しているTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアGX』の劇中歌「BAYONET CHARGE」を披露し、客席からは悲鳴にも似た声が上がり、キャラクターのテーマカラーである青と赤のペンライトで会場は埋め尽くされた。
記事全文

戦姫絶唱シンフォギアGXキャラクターソング4

戦姫絶唱シンフォギアGXキャラクターソング4

『シンフォギア』シリーズと言えば、水樹奈々さんが主題歌を歌い、かつメインキャラを演じるという「水樹アニメ」でもあるわけで。水樹さんのライブで『シンフォギア』とのコラボがあるもの当然か。
以前のライブではマリア役・日笠陽子さんがサプライズ出演して、今回はクリス役・高垣彩陽さん。となると次は主人公・響きを演じる悠木碧さんかな。


水瀬いのりが20歳の誕生日である12月2日(水)に、キングレコードよりアーティストデビュー(moca)

TVアニメ『ご注文はうさぎですか?』チノ役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』ヘスティア役、『がっこうぐらし』丈槍由紀役、『心が叫びたがってるんだ。』成瀬順役など、話題作に次々と出演している若手人気声優・水瀬いのりさんが、キングレコードよりアーティストデビューすることが発表された。デビューシングルがリリースされる2015年12月2日(水)は、水瀬さんの20歳の誕生日という記念すべき日でもある
記事全文

戦姫絶唱シンフォギアGXキャラクターソング8

戦姫絶唱シンフォギアGXキャラクターソング8

振り回され隊/ハートぷるぷる事件です TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」キャラクターソング

振り回され隊/ハートぷるぷる事件です TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」キャラクターソング

実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1

実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1

その『シンフォギア』シリーズ最新作『GX』に新キャラのキャロル役で出演している水瀬いのりさん。最近は様々な人気アニメに出演してキャラソンも数多歌っていますが、満を持してアーティストデビュー。しかもレーベルは『シンフォギア』でお馴染みキングレコードなので、『GX』出演もプレビュー的なものだったのかも。
水瀬さんは憧れの声優として水樹奈々さんを挙げているので、声優として『GX』で共演して、アーティストとしてもキングレコードのレーベルメイトとなったワケか。来年2月の『シンフォギアライブ』では(実現したら『KING SUPER LIVE』第2弾でも)同じステージに立つ予定だし、さぞ嬉しいだろうな。


スマートフォン用美少女妖怪憑依RPG『妖怪百姫たん!』にて、『のんのんびより りぴーと』とのコラボイベントが開催。小岩井ことりらのキャストコメントも公開(moca)

──『妖怪百姫たん!』コラボイベント録り下ろしボイスの中で、オススメのセリフがあれば教えてください!
小岩井:れんげをパーティに選んでいるときに「お屋敷」(マイページ)で話す「……うち、もしかして異世界にいるん?」です。れんげから「異世界」という言葉が出てくるのが、コラボレーションならではでおもしろいと思いました。
阿澄:どの台詞も小鞠らしさがしっかりあったので無理なく演じられて楽しかったのですが、「お祓い」のときのセリフが特にお気に入りです。でも「お祓い」は素材を得るかわりにキャラを消滅させることになるので、これはあんまりオススメするべきセリフではないのかな……どうなんでしょう(笑)。
村川:まさか、「こまぐるみ」につぐ「いぬぐるみ」を作っちゃうほたるん!(笑) さすがだねほたるん!…ということで、「いぬぐるみ」と言っているところはオススメです! あと、蛍の怒りの感情ってアニメ本編では出てこてない感情なので、なかなかレアな気がしていてそちらもオススメです!
佐倉:「兄ちゃん……じゃなくて、あるじのことは、あんちゃんって呼ぶことにしたんで、よろしくー」です。夏海のひとなつっこさと兄ちゃん好きが垣間見えるセリフだなあと思いました。
記事全文

こだまことだま(アニメ盤)

こだまことだま(アニメ盤)

おかえり

おかえり

TVアニメ のんのんびより りぴーと オリジナルサウンドトラック

TVアニメ のんのんびより りぴーと オリジナルサウンドトラック

TVアニメ『のんのんびより』ベスト のんのんびより きゃらくたーそんぐ べすと なのん!

TVアニメ『のんのんびより』ベスト のんのんびより きゃらくたーそんぐ べすと なのん!

先頃最終回を迎えた『のんのんびより りぴーと』がスマホゲーム『妖怪百姫たん!』とコラボ。旭丘分校の面々が『妖怪百姫たん!』の世界に迷い込んでしまうという、今までの『のんのんびより』では考えられないコラボならではのストーリー。コラボイベントの題名が「妖怪と会ったのん」というのも、なんともシュール。
アニメの『のんのんびより』は原作ストックが少ないため、第3期は現時点で望み薄みたいだけど。今後はゲームとかの展開を続けてゆくのかな。


ミルキィホームズが「東京ゲームショウ2015」にて2年連続2回目となるライブを開催。最新曲「ミルキィ100ワールド」など全25曲を披露(moca)

2015年9月19日(土)に幕張イベントホールにて、ミルキィホームズによるライブイベント「ライブ ミルキィホームズ 秋の大運動会」が開催された。これは「東京ゲームショウ2015」の一環として企画されたもので、同会場でのライブは2年連続2回目となる。
記事全文

ミルキィホームズライブ 冒険☆ミルキィロード!! [Blu-ray]

ミルキィホームズライブ 冒険☆ミルキィロード!! [Blu-ray]

ミルキィホームズ ライブ in 武道館 [Blu-ray]

ミルキィホームズ ライブ in 武道館 [Blu-ray]

Milky Holmes Live Tour 2011 Autumn “To-gather!!!!” LIVE DVD

Milky Holmes Live Tour 2011 Autumn “To-gather!!!!” LIVE DVD

Milky Holmes Live Tour 2011 “Secret Garden” LIVE DVD

Milky Holmes Live Tour 2011 “Secret Garden” LIVE DVD

アニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』から誕生した声優ユニット……というよりも、「ブシロードの生ける象徴」と言っても過言ではないミルキィホームズのイベントレポート。今回は運動会というユニークなコンセプト。
12月には有明コロシアムでのライブが。そして来年2月にはアニメ版の総決算と言うべき劇場版アニメ『逆襲のミルキィホームズ』が公開予定。


■アニメ質問状:『シャーロット』麻枝准のシナリオに苦戦(まんたんWEB)

大変なことは、その膨大なシナリオ量を1本の映像にまとめる(詰め込む)ことです。特にせりふの量ですね。麻枝さんが書かれるシナリオは多く、更に削り辛い。どのせりふにもしっかりとした意味や意図があるからです。それを決められた尺に収めることが一番大変でした。あとは本読みが毎週土日曜日のどちらかにアニプレックスさんの社内で行っていたことですかね。……弊社から遠いんです(笑い)。


実はもっと激しいのがあるんですけど、書けませんので……(笑い)。
記事全文

Bravely you/灼け落ちない翼(初回限定盤)

Bravely you/灼け落ちない翼(初回限定盤)

楽園まで/発熱デイズ

楽園まで/発熱デイズ

Smells Like Tea,Espresso

Smells Like Tea,Espresso

ECHO

ECHO

「原作・脚本:麻枝准」ということで注目を集めた夏アニメ『シャーロット』も、いよいよ大詰め。学園物・異能力物・タイムリープ物と様々な要素を詰め込んだ力作だけに、スタッフ陣の苦労も相当の物だった模様。上記のアニメ制作を手掛けたP.A.WORKSの辻充仁プロデューサーの言葉からも、膨大なシナリオを映像にすることの難しさが語られている。
それだけに「書けないほど激しい」苦労話も伺いたいけど、無理か。


アニサマ:新たな扉を開いた今年 常連に代わってμ‘sやアイマス登場(まんたんWEB)

アイドルマスターμ’sというアニソン史上に残る、歴史的コラボで幕を開けた同イベント。ゲーム、アニメ、ユニットと社会現象を巻き起こす2大ビッグユニットが、アイマスの「READY!!」「キラメキラリ」「GO MY WAY!!」、μ’sの「僕らは今のなかで」「Wonderful Rush」「No brand girls」と、それぞれの楽曲を交互にメドレーで披露。新しい時代の幕開けを予感させるオープニングに、会場全体が歓喜の声を上げた。さらにアイマスμ’sは、それぞれのステージでも人気の楽曲を披露し、息の合った振り付けと歌で観客を魅了して、人気の高さを見せつけた。
記事全文

μ's Best Album Best Live! Collection II (超豪華限定盤)

μ's Best Album Best Live! Collection II (超豪華限定盤)

こちらは8月28~30日に行われたアニソンの祭典「Animelo Summer Live 2015」のレポート。
今年はこれまでの常連アーティストだった「JAM project」・田村ゆかりさん・堀江由衣さん・水樹奈々さんが出演しなかったけど、その代わりの如く『アイマス』と『ラブライブ!』という考え得る最高のコラボが実現したり。他にも『てさぐれ!部活もの』から「てさプルん」、『きんいろモザイク』から「Rhodanthe」など、アニメ作品から誕生した声優ユニットの出演が目立った。
これはアニソン界全体の流れみたいなもので、最初は有名アーティストの曲を「借りてくる」形でのタイアップが主だったけど、アニソン界の市場が広がってアニソン歌手や声優アーティストが台頭してきた。そして現在では、その作品でヒロインを演じる声優陣が作品専用のユニットを組んで活動をするようになった。
今年のアニサマは、そんな時代の変遷を示す象徴的なイベントになったのかも。


■『マクロスΔ(デルタ)』最新作タイトル決定、10月29日に“超時空”製作発表会開催(アニメ!アニメ!)

1982年の『超時空要塞塞マクロス』以来、様々なシリーズを展開してきたマクロス・シリーズの最新作のタイトルが発表された。これまでは『マクロスΔ(仮)』とされてきたが、今回この(仮)が外され正式タイトルとなった。そのうえで「マクロスデルタ」と読むことが、9月25日に明らかにされた。
25日には、本作のキービジュアルも公開された。青と赤ふたつの戦闘機が印象深く描かれて「撃墜せよ」とキャッチコピーが描かれている。さらにタイトルロゴは、青とピンクが光り輝く柔らかい金属的な色合いが採用されている。「DELTA」の文字が本作のタイトルをアピールする。
記事全文

かねてより報じられていた『マクロス』シリーズの最新作が、ついにタイトル発表。今回は『Δ(デルタ)』ということで、「歌」「可変戦闘機(=バルキリー)」と並ぶマクロス三大要素である「三角関係」を大々的にフィーチャーする模様(※あくまで個人の予想です)。
発表されたキービジュアルを見た感じだと、シリアスかつ本格的な戦闘機アクション物みたいだけど。作品ごとにカラーを大きく変えるのが『マクロス』の魅力なだけに、今回もブッ飛んだ作風になることを期待。


■『機動戦士Vガンダム』ウッソ役・阪口大助インタビュー “本当に乗りたかったのはズゴックです”(アニメ!アニメ!)

―本作で「ガンダムに乗る」という夢を叶えられたわけですが、その後のモチベーションは大丈夫でしたか?
阪口:よく誤解されるんですけど……僕はべつにガンダムに乗りたかったわけじゃないですよ。
僕は“ズゴック”に乗りたかったんです!
―なるほど(笑)。でも『ガンダムビルドファイターズ』のような作品もありますから、チャンスはあると思います。
阪口:いろんなところで「ズゴックに乗りたい」とアピールしてるんですけどこれが難しくて……。ズゴックのパイロットは“少年兵”じゃダメなんですよ。ジャブローに降り立った兵士とか見てると、けっこうベテランパイロットばかりなので。学徒動員兵が乗ってたゲルググならまだ可能性高いんでしょうけど(笑)。
記事全文

機動戦士Vガンダム』がBlu-rayBoxリリースということで、主人公・ウッソを演じた阪口大助さんのインタビュー。最初は『ガンダム』シリーズとの出会いを語っているんだけど、極ごく自然な流れで「『Z』で好きなキャラクターはアポリー」というマニアックな話題へ。
阪口さんと言えば、「ガンダムに乗る」という夢を声優デビュー作にして叶えたシンデレラボーイとしてお馴染みですが。当の阪口さんは「ガンダムに乗りたかったわけじゃない、ズゴックに乗りたかった」という驚天動地のカミングアウト。加えて「ズゴックのパイロットはベテランばかり」とマニアックな分析も披露。
そのうち阪口さんもベテランパイロットが似合う役者になって、ズゴックのパイロットに……という期待をしてしまう。


Aice5が8年ぶりに勢ぞろい!ほっちゃん誕生祝いであの名シーン再現(音楽ナタリー)

最後にほっちゃんが「皆さんご協力いただいていいですか? 青いのを出して、あの名シーンの再現を……」と告げると観客は即座に青いペンライトを取り出してスタンバイ。そしてほっちゃんが客席に向けて「ふーっ!」と息を吹きかけると、ロウソク代わりのペンライトが消えるという解散コンサートでの演出が再現された。ほっちゃんは満足そうな表情を浮かべながら「私は本当にAice5が大好きなので、復活できてうれしいです。ここから先何ができるかは、リアルに皆さんの応援にかかっていますので(笑)、よろしくお願いします!」と観客に呼びかけた。
記事全文

Aice5 1stTour 2007

Aice5 1stTour 2007 "Love Aice5" Tour Final!! [DVD]

結成10周年&『それが声優』出演を機に再結成した「伝説の声優ユニット」ことAice5。その再結成を記念したプレミアム上映会のレポート。
折りしも開催日の9月20日は2007年に横浜アリーナで解散コンサートが行われた日であり、Aice5の発起人である堀江由衣さんの39歳の誕生日ということで盛大にお祝い。
今回の再結成について堀江さん曰く「ここから先は皆さんの応援にかかっている」とのこと。


南條愛乃、その足跡と“ミンナとのつながり”再確認した初ワンマン(音楽ナタリー)

しかしライブ本編で「東京 1/3650」収録曲をすべてプレイしていないことを察知してか、フロアから「もう1回」コールが巻き起こると、リメイクライブTシャツ姿にお色直しした南條はキーボーディストを連れてステージに再々登場。「応援してくれる皆さんへの感謝の気持ちを綴った唯一の曲」だという「だから、ありがとう」を、ピアノ1本を背にジェントルに歌い上げる。そして数千に及ぶオーディエンスとともにピースサインを作った左手を高々と突き上げながらアルバムラストナンバー「+ 1day」を披露したところで最新アルバム「東京 1/3650」とデビューミニアルバム「カタルモア」を振り返った1stライブは大団円。「私と一緒に今日という日を楽しんでくれたみんなに拍手を!」「すげー浄化されたわ」と“ミンナとつなが”ったことを再確認して公演を締めくくった。
記事全文

ラジオDJCD 南條愛乃のジョルメディア vol.1

ラジオDJCD 南條愛乃のジョルメディア vol.1

南條愛乃写真集 じょる旅!inグアム

南條愛乃写真集 じょる旅!inグアム

カタルモア

カタルモア

fripSideや『ラブライブ!』としてはもちろん、ソロアーティストとしても大活躍な南條愛乃さん。ソロでのワンマンライブは今回が初とは意外。
今回のライブは先日リリースされた1stフルアルバム「東京 1/3650」のナンバーに加えて、デビューミニアルバム「カタルモア」ナンバーも披露ということで、オールドファンにも新規ファンにも嬉しいライブとなった模様。