2018年にハマったアニメ備忘録

気がつけば今年も終わり…という事を毎年書き続けて、今年で何年目になるんだろうか。
前身の「はてなダイアリー」でBlogを始めたのが2004年だから、来年で15周年。この「はてなブログ」に移転たのも2014年の年明けだから、丸5周年経つのか。
そんな当Blogにおける恒例企画として、「今年ハマったアニメ Ver.2018」を幾つか紹介してみます。


■『カードキャプターさくら クリアカード編

CLEAR

CLEAR

ロケットビート

ロケットビート

リワインド/Crosswalk (さくら盤)

リワインド/Crosswalk (さくら盤)

もはや説明不要。1998年~2000年にNHKで放送され、女の子から「大きなお友達」まで広く一大ブームを巻き起こし、その後も幾度も再放送されたNHKアニメの、否、20世紀を代表するアニメ。
そんな伝説のアニメが、「リメイク」ではなく「続編」として18年ぶりに復活。しかも、製作スタッフや陣はもちろん、当時大人気で今ではレジェンドとなった豪華声優陣も全員続投という奇跡のキャスティング。これには前作を観ていた元・女の子から、更に大きくなった「大きなお友達」も大感激
ストーリーは、中学生に性徴成長した木之元桜ちゃんが、新たなカード「クリアカード」を集めるべく、再びカードキャプターとして大活躍。しかし謎の核心を描きかけたところで、続編への含みを多分に残しつつも終了。
現時点では続編の予定は無いけれども、遠からず『クリアカード編 2ndシーズン』が始まる事を期待したい。


■『Fate/EXTRA Last Encore』
Bright Burning Shout(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

Bright Burning Shout(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

毎年何かしらの新作アニメが制作されていることでお馴染み『Fate』シリーズより、本作はゲーム『Fate/EXTRA』の世界観をベースにした作品。
階層化された電脳世界、しかも一階ごとに未来都市・森林・廃墟と異なる世界を舞台に、各階層をマスター&サーヴァントとの一対一、否、「一組対一組」のタイマン勝負が繰り広げられる。そこで描かれる各キャラのドラマが、制作・シャフト&総監督・新房昭之による独特の演出も相まって何とも濃厚で熱い。
そして何より、メインヒロイン(※異論は一切認めん!)の皇帝ネr…もとい赤セイバーがイイ!常に高飛車で自信満々で、思い悩む主人公・ハクノを叱咤激励する姿は、丹下桜さんのお声の相まって、最高にチャーミングだ。


■『キャプテン翼
誰もが知っているサッカー漫画の、否、日本サッカーの「デファクトスタンダード」である名作が通算4回目、リメイクとしては3回目のアニメ化。しかも今回は事実上初となる本格リメイク版。
過去のリメイクで見られた過度な省略や改編を極力抑えて、原作のストーリーに忠実に、そして作品の魅力であるスーパープレイの数々をテンション高く描いている。
現在はシリーズ最高の盛り上がりを見せた「中学生編」を放送中。見どころは絶対王者となった大空翼率いる南葛中に、様々なライバルたちが挑む熱い展開。そして作品の代名詞というべき、サッカーアニメの範疇を超えたアクション&バトルシーン。「翼がドライブシュートで相手選手を吹き飛ばす」「日向がタイガーショットでコンクリート壁をブチ破る」「立花兄弟のスカイラブハリケーンを、来生と滝がクロスバーに登って迎え撃つ」など、今ではネタとして扱われているトンデモシーンの数々を、大真面目かつシリアスに描いている。
僕も観ていて「そうそう!このシーンの、このプレイが、最高にシビレるんだ!」と、往時を思い出して感動することしきり。これぞ理想的なリメイク作品だ。


■『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
流星/約束(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

流星/約束(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

To see the future

To see the future

ELZA

ELZA

人気シリーズ『ソードアート・オンライン』のスピンオフ作品で、劇中劇ならぬ「劇中ゲーム」の『ガンゲイル・オンライン』を舞台にした作品。
荒廃した世界を舞台にしたゲームの中で、ちっちゃな"レンちゃん"(でもリアルでは身長183cm超のデカ女)が、愛銃の"Pちゃん"(FN-P90、ベルギー製の短機関銃)を手に大暴れする痛壊…もとい、痛快ガンアクション作品。
他にも、ガチのトリガーハッピー神崎エルザ"ピトフーイ"(なおリアルでもガチの危険人物)や、アマゾネスの如き筋肉隆々のデカ女軍団(でもリアルでは現役女子高生たち)の"SHINC(シンク)"、そして本筋には殆ど絡んでこないけど、何故か強烈な存在感を放つマシンガン馬鹿の集団"全日本マシンガンラヴァーズ"などなど、イカレ…もとい個性的なプレイヤーが登場し、緊迫感溢れるガンアクションが繰り広げられる。


■『はるかなレシーブ
TVアニメ「 はるかなレシーブ 」オープニングテーマ「 FLY two BLUE 」

TVアニメ「 はるかなレシーブ 」オープニングテーマ「 FLY two BLUE 」

TVアニメ「 はるかなレシーブ 」エンディングテーマ「 Wish me luck!!!! 」

TVアニメ「 はるかなレシーブ 」エンディングテーマ「 Wish me luck!!!! 」

初の本格ビーチバレーアニメ。沖縄の海岸を舞台に、ビーチバレー初心者の主人公・遥(はるか)が、挫折から競技から離れたパートナー・かなたと「はるかなペア」を組み、選手として、そしてペアとして成長してゆく物語。他にも、金髪双子なトーマス姉妹「エクレアペア」や、かたなの元パートナーである成美を擁する「なるあやペア」など、魅力的なヒロイン、もとい、女子ピーチバレー選手も登場。彼女たちの競技に賭ける想いや、ペアを組むパートナーへの友情なども見応えあり。
そして何より、ほぼ全編が水着回・・・否、「ビーチバレーのユニフォーム回」で、プレイヤーとして鍛え上げられた姿を描く、肉感的な作画もイイ!
白いビーチと輝く太陽、そして青く澄み切った大空と大海原が眩しい、最高に夏らしい爽やかな作品。これを観れば、一年中どの季節であっての夏気分が満喫できるぞ。


■『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』
君のせい(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

君のせい(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

不可思議のカルテ

不可思議のカルテ

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない Original Soundtrack

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない Original Soundtrack

圧倒的なインパクトを放つタイトルはもちろんのこと、それに劣らず個性的なヒロインと、彼女たちに起こる「思春期症候群」というトンデモ現象を描いた奇抜な作品。
姿が見えなくなり、やがては存在自体が他者から認識されなくなる」「同じ日を何回も繰り返す」「自分のドッペルゲンガーが現れる」「他人と入れ替わる」などなどの怪現象を解決すべく奔走する主人公・咲太のイケメンぶり。そしてタイトルにもなっている「バニーガール先輩」こと麻衣の圧倒的な"正妻感"が堪らない。
テレビシリーズは年内で終了するけど、続編にしてクライマックスとなる劇場版の公開が予定されていて、2019年も話題になりそうな一作。


・・・というワケで、2018年も当Blogをご愛顧頂きありがとうございました。
来る2019年は、また新たなる企画を始めようかと思いますので、気が向いたり思い出したりした時に、お気軽にご覧頂ければ幸いです。
それでは良いお年を…。