読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽすたるワイド的ニュースデスク(『翠星のガルガンティア』、他)

■『翠星のガルガンティア』:続編は今秋に先行公開 チェインバー復活(まんたんWEB)

続編は、テレビ版の最終回から半年後が舞台となり、大破した人型機動兵器のチェインバーが再登場するほか、新キャラクターとしてクーゲル船団からやってきた金髪の美少女・リーマが登場する。

我らが主人公(異論は認めん!)チェインバー復活キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!
メディアは前後編のOAVらしいけど、これが好評ならテレビ2期があるかも。

翠星のガルガンティア 3 (角川コミックス・エース 438-3)

翠星のガルガンティア 3 (角川コミックス・エース 438-3)



■『<物語>』シリーズセカンドシーズン『花物語』が5月31日(土)よりTOKYO MXほかにて5週連続で放送(moca)
昨年末、好評と衝撃のままに幕を閉じた『<物語>』シリーズセカンドシーズン。
そんな中、唯一出番の無かったヒロイン神原駿河をメインにした『花物語』が、ようやく放送されるという。
本放送時は総集編が目立ったので製作スケジュールがアレだったのかもしれないけど、こうして無事見られるようになったのは嬉しい限り。
花物語 (講談社BOX)

花物語 (講談社BOX)

アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ參 忍野忍

アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ參 忍野忍



■ショートアニメ『おにくだいすき!ゼウシくん』の主題歌CD「おにくじゃぽねすく!」が本日リリース。発売記念イベントには花澤香菜・南流石・大宮一仁監督らが登場(moca)

花澤:小さな子から大人の皆様まで、いろんな人が『ゼウシくん』が好きなんだなとすごく伝わってくるイベントで、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。
これで終わっちゃうのはもったいないですよね。皆さんにはCDをどんどん聴いて、ダンスをどんどん踊ってもらって、もっと『ゼウシくん』を広めていただきたいです。
そして「国産のお肉を食べたい」と思っていただけたら嬉しいです。

今や声優としてもアーティストとしても花澤香菜の代表作といっても過言ではない(……と思う)『ゼウシくん』のレポート。
あと何年かしたら「花澤さんを知ったのは『ゼウシくん』が切っ掛け」というファンが出てきそうな予感。

おにく じゃぽねすく! DVD付

おにく じゃぽねすく! DVD付

おにく じゃぽねすく!

おにく じゃぽねすく!

にっくにくの にっこにこ!

にっくにくの にっこにこ!



■鳥山明氏「闘い漫画描く気なくなった」“魔神ブウ”後の心境告白(ORICON STYLE)

 声優の野沢雅子、お笑いコンビ・ハリセンボンらが28日、都内で行われた人気アニメ『ドラゴンボール改』の完成披露試写会に出席した。同日は、原作者の鳥山明氏がコメントを寄せ、魔人ブウとの物語以降に「闘いの漫画を描く気がなくなってしまいました」と明かした。
 鳥山氏は、『改』で最強の敵「魔人ブウ」との壮絶な戦いが描かれることを踏まえ、「ドラゴンボール週刊連載最後の敵が魔人ブウでした。最後の敵は、丸いです!手強いです!そして、しつこいです!」と振り返り、「漫画を描いている自分でさえイヤになるほど激しくくどい闘いの連続です。血圧高めで薄味好きのオジサンになってしまった今では、もうこんな闘いは描けません。というか、これ以降、闘いの漫画を描く気がなくなってしまいました」と告白。

鳥山明と言えば『ドラゴンボール』でお馴染み、バトル漫画の巨匠!…そんな印象を持っている人も多いのでは。
でも鳥山先生は元々、否、デビュー当時から一貫してギャグ漫画が本分な気がする。デビュー作にして最初の大ヒット作である『ドクター・スタンプ』は完全なギャグ漫画だったし。『ドラゴンボール』も最初は冒険をベースにしたコメディだったし。
それが物語が進むにつれて徐々にバトル物の要素が強くなり、ピッコロ大魔王の登場から一気に「バトル漫画」へ舵を切ることになる。皮肉にもその路線変更によって、『ドラゴンボール』は人気を不動の物とする。
さらに、ベジータフリーザや人造人間やセルといった強敵が登場して「バトル漫画」の要素がよりエスカレートして行った。悪い言い方をすれば、漫画自体に留まらないメディアミックス商品や「少年ジャンプ」の人気を維持するためにエスカレートせざるを得なくなった。
それが限界に達したのが連載最終章である「魔人ブウ編」であり、鳥山先生が言う所の「漫画を描いている自分でさえイヤになるほど激しくくどい闘いの連続」だったのかもしれない。
そう考えると鳥山先生にとっての不幸は、自分の本分ではない「バトル漫画」が……。否、本来は冒険コメディだったはずの『ドラゴンボール』での、人気取りのために路線変更した結果の「バトル部分」が空前の大ヒットになってしまったことかもしれない。

COWA! (ジャンプコミックスDIGITAL)

COWA! (ジャンプコミックスDIGITAL)

鳥山明 満漢全席 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 と 16-10)

鳥山明 満漢全席 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 と 16-10)

鳥山明 満漢全席 2 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 と 16-11)

鳥山明 満漢全席 2 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 と 16-11)